BLOG

気になったニュース

 

こんにちは、今回は太陽光発電に付いて気になった事例を書かせて頂きます。

 

消費者庁の調べで住宅用の太陽光発電システムによる発火などのトラブルが、2017年11月までの約10年間で127件発生し、少なくとも7件が屋根側に延焼していたことがわかりました。

そのうち7件の太陽光モジュール(パネル)はいずれも、屋根と一体型で屋根側との間に不燃材のないタイプでした。

 

同様のタイプは全国で約11万棟にあるといい、消費者庁の消費者安全調査委員会(消費者事故調)は調査結果をまとめた報告書を公表し、注意を促しています。

 

 

消費者庁の報告書は下記のURLよりご確認ください。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/2018/pdf/consumer_safety_release_190128_0001.pdf

 

太陽光のモジュール(パネル)は、架台で屋根から浮いたタイプのほか、屋根と一体型があります。

屋根側に延焼した7件はいずれも一体型のうち、屋根側との間に鋼板といった不燃材がないタイプでした。

 

イシンホームの太陽光発電はガルバリュウム鋼板製の屋根(不燃材があるタイプ)で専用金物を使用してパネルを設置いたしますので屋根に燃え移る心配がなく、安心してご使用して頂けます。

 

 

 

関連記事

  1. DIY

PAGE TOP